かの有名なカーネールサンダーも、破産を経験しています。「破産が成功の元」という成功者はたくさん存在しています。自分が破産してたくさんのことを気づきました。破産はしたくてすることではありません。状況が、環境が破産に追いやって来るものなのです。破産者になって、本当に現実の厳しさを知ることになった自分の話を包かくざずブログに投稿していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなり画期的な人事異動という作戦・・・3話

前回までのお話・・・2話1話

深夜、Hさんから電話が来た。
「配送を営業に回す一極集中にするのはどうか」
という話。

確かに、今までの人事の配置は、
オヤジが独断と偏見で決めていたが、
それなりに皆専門で仕事に取り組んでくれている。

配置を変動するのは、
やはり今までの経営とは違うように
自分の色も出したいと
思っていたので、
Hさんの意見で実行することにした。

と言っても、
実行にあたり、話をするのは、
社長の仕事です・・・

前日同様、一人ひとりに話をしてみる
ことにしました。


人は、急な変化を嫌がるものです。
当然のことながら、
一人の社員意外は、
退職を盾に断っていました・・・

初めての人事を強制するべきか、
否か、迷いました・・・

人が減るのは絶対に避けなければ
会社の存続自体が危うい。
そう思い、
社員の意向を主軸に、
若干の異動で始めることにしました。

営業になったのは1人でしたが、
そもそもその子は営業募集で
入社していたから、
本人も文句が言えない状態。

あっちの部署へ、
こっちの部署へと、
結局行ったり来たりになり、
モチベーションを保てるはずが
ありません。

画期的な案ではありましたが、
この人事異動自体が、
結局最悪の作戦となってしまったのです。

人が動けないなら、
担当のお客さんを移動してもらおう!
とふと思い、
作戦変更してみました。

Hさんも協力してくれ、
右手というポジションで、
社員を引っ張ってくれる
存在になってもらいたいと、
就任2日目に部長になってもらいました。

が・・・

それから1週間、Hさんが、
会社をやすんでしまいました・・・

この休んだ理由は、
それからの経営に大きな影響を
及ぼすものになってしまいました・・・


つづく・・・


人を動かす5つの原則は>>>こちら
テーマ : 経営者
ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

秘密

トラックバック

SEフリーランスへの道
s_boa.jpg
プロフィール

imanimitero2017

Author:imanimitero2017
36歳にして、10人程の会社を受け継ぐ事に・・・
波乱万丈だった社長時代、
結局倒産をむかえてしまう。
いよいよ自分の好きなことをして
生きて生きたい!
だって、人生一回こっきりだから(´・ω・`)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。