かの有名なカーネールサンダーも、破産を経験しています。「破産が成功の元」という成功者はたくさん存在しています。自分が破産してたくさんのことを気づきました。破産はしたくてすることではありません。状況が、環境が破産に追いやって来るものなのです。破産者になって、本当に現実の厳しさを知ることになった自分の話を包かくざずブログに投稿していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの力がどうしても必要なんです!・・・2話

前回までの話・・・1話

俺はまず、発表後に一人づつ話をする事にしました。

自分の好き、嫌いに関わらず、
絶対に1人でも辞めようものなら、
現在の売上自体もおじゃんになる・・・

それくらい、会社のマンパワーは激減していた。

一番最初に、俺が一番苦手な先輩と話をする!
実は、もしオヤジが本気で社長にすると言ったら、
何をするかを、考えていた・・・

一番苦手なHさんは、
間違いなくヤンキー上がり・・・
(てか、全然そのままな感じの人)

入社してしばらく、面倒な仕事を
人に押し付ける事自体、
俺の中では許せない人でもあった・・・
けど、
この人は間違いなく社内の影響力は
かなりある!

そう思うと、ちゃんと話をすべき相手
でもあるわけです(T_T)

まず俺の方から呼び出して、
車で2人で話をすることにした。

「会社潰れるの?」
といきなりの質問・・・

「潰さない為に俺が引き継ぎました!」
と私。

足掛けで社長になったのか、
本気で引き受けたのか、
判断するにはいい質問ですね・・・
(さすが営業)

「お前が本気なら、俺が右腕になってやる!」

(まじか!この人いい人だ!)
本気で思ってしまいました・・・


他の社員にも一人づつ話を進め、
最終的に1人だけ辞めてしまいましたが、
ほぼ何とかできそうなレベルになりました!

そこで問題が・・・

圧倒的に営業が足りない!
ってことです・・・

やはり会社が機能できる状態に
作り変える必要がでてきました・・・

早速、自称右腕Hさんに話をしてみて、
二人で宿題として翌日に持ち越しになりました・・・

つづく・・・・・3話はこちら





「右腕採用力」養成講座はこちら>>>

テーマ : 経営者
ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

秘密
SEフリーランスへの道
s_boa.jpg
プロフィール

imanimitero2017

Author:imanimitero2017
36歳にして、10人程の会社を受け継ぐ事に・・・
波乱万丈だった社長時代、
結局倒産をむかえてしまう。
いよいよ自分の好きなことをして
生きて生きたい!
だって、人生一回こっきりだから(´・ω・`)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。