かの有名なカーネールサンダーも、破産を経験しています。「破産が成功の元」という成功者はたくさん存在しています。自分が破産してたくさんのことを気づきました。破産はしたくてすることではありません。状況が、環境が破産に追いやって来るものなのです。破産者になって、本当に現実の厳しさを知ることになった自分の話を包かくざずブログに投稿していきます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倒産は人生の終わりではない!


倒産する決意をせざる負えなくなった時、
私は、本当に自分の命と引き換えに
会社の存続を考えた。

それは死亡保証4億円と云う金を作るために・・・

でも、
ずっと悩んでいる時、
一冊の本に出会った。



本気で泣いた。
自分の心を包んでくれたから

どんなに借金があろうと、
金は所詮金
人の命には代わらない。

保険というシステムが、迷いを起こしていた事に気づいた。

だから、

俺はどんなに辛い状況になろうと、
金で死を選択することを辞めた
そう決意した。

あなたが、同じ状況なら、
絶対頭を過ぎってることだろう。
わかるんです。

死んで作った金が、
たかが事業の失敗のために使われるなんて、
そんな人生をあなたは望んでいたんですか?


家族も社員も、社会貢献も、
あなたが死んでしまえば、
むしろ迷惑しかかけません。

金のために死を選ぶのは、
本当にナンセンスです。
誰も喜びません。

借入先ですら、喜べますか?
一生あなたと取引してしまったことを
後悔しますよ。

死んだらダメなんです。
絶対ダメなんです。


カーネルサンダーが何度破産しているか
あなたは知っていますか?
6回です。

誰でも失敗することはあります
事業でも、仕事でも、
絶対ミスするんです。

経営が上手に出来なかっただけです、
そこの責任はむしろ果たさなければなりません。
だから倒産は責任を果たしていると、
わたしは思っています。

年間自殺者の3割の人がどんな人か
あなたは知っていますが?

金という魔物に心を食われた事業者の人です。
でも金が魔物ではありません。
金を媒介にして、不安が増幅しただけです。

未来のことは、100%誰もが知り得ません。
倒産という予想がたっただけで、
倒産したらどうなるか、
その不安に心を奪われた
のです。

わたしは生きています。
これからも、もう二度と不安には負けません
今もフラッシュバックのように目の前が
真っ白になるときもあります。

不安は死なないと逃れられないと思わないでください。
不安は生きて耐え忍んで、乗り越えていけるものです。


何度でも、言います、
”絶対倒産なんかで死ぬな!”
テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿

秘密
SEフリーランスへの道
s_boa.jpg
プロフィール

imanimitero2017

Author:imanimitero2017
36歳にして、10人程の会社を受け継ぐ事に・・・
波乱万丈だった社長時代、
結局倒産をむかえてしまう。
いよいよ自分の好きなことをして
生きて生きたい!
だって、人生一回こっきりだから(´・ω・`)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。