初めの倒産の危機の時、
私自身で、かなりサイトを調べまくったが、
結論から言うと、それぞれの倒産する理由は、
各社違うということだ・・・

資金繰りでも、
売掛金が入らない事もあるし、
支払が膨らむ時もある。
税金のタイミングだったり・・・
上げれば種類は実に多いのだ。

要は現金を沢山もって入れれば、
例え一時的にであっても、
生き延びることはできる!

間違っていないが、
その場しのぎをしている会社が、
その後の改善が果たしてできるのだろうか?

事業計画を作っていたところで、
相手が居ることを、こちらの思いだけで
数字化したところで、いい結果は生まれない。

予定と目標は別の話だからだ・・・

生意気なことを言っていると思うが、
現実を直視して欲しい・・・

日本企業が本当に利益を上げている会社は、
実に全体の5%と言われている。

おそらく正しい数字だと私は思う。

国の税金徴収も、マイナンバー導入により、
ますます監視されている状態になっている。

粉飾決済をしていても、許されるのは、
借入200億円できる企業のみだ。
中小零細企業がどれだけ苦しめらいようが、
大手の企業はお構えなしに、
自分たちの利益追求のしわ寄せを
中小零細企業に求めてくる。

そんな中で、資金が豊富にある企業が
どこにあるのか・・・

希望を潰したいわけではない、
そいう現実を直視できなければ、
私のようになってしまうということだ。

徐々に回復できた社長さんも沢山いるが、
彼らが視点を集中してきたことは、
見せかけの数字ではなく、
現金の重要性でしかない。

現金は増刷しない限り、
いきなり増えることはない・・・
ただあちこちに移りわたっているだけだ。

抱え込みができなければ離れてしまうし、
気をかけてやらなければ知らないところで
いなくなる代物だ。

経営者として、
あなも希望に燃えて仕事を始めたのだと思うので、
潰した経験を聞けてるということは、
同じ目に合わない方向があるということを
このブログを通して気づいていただければ幸いだ。

テーマ : 社長ブログ
ジャンル : ビジネス